瞳のサレ妻モラハラ履歴

はじめまして
当ブログ管理人をしています瞳(ひとみ)と申します

数あるブログの中から当ブログ「サレ妻の館」にお越し頂きありがとうございます

わざわざ自己紹介を開いて下さったと言う事は少なからず私、瞳に対して興味を持って下さったと言う事で解釈させて頂きます故

ここでは少し自己紹介を兼ねて、簡単ではありますが
このブログを開設した経緯や運営理念をお話しさせて頂きたいと思います

自己紹介

年齢は不詳とさせて頂きますが(笑)

結婚経験はある一人の女性です

10代で同棲

特に何があったと言う訳でもないのですが家族とそんなに仲が良かった訳ではない私は17歳で早々に実家を出て
そして10代で当時付き合っていた人と同棲するに至りました

同棲と言うよりは半同棲状態から転がり込む形になったと言う方が正しいですね(笑)

当時まだ若かった私は朝8時から夕方17時までバイトに行き
夜21時から深夜の1時までは水商売

そして仕事が終われば遊びに行き、帰宅は毎日朝方の生活を繰り返していました

そんな私に彼氏は何を言うでもなく
「若い時って言うのはそんなもんやから」と

それはそれはとても寛大な心で文句を言うでもなく、何も咎めはしませんでした

お互いに束縛なんて一切する事なく、ただ空気のようにいるだけの存在

時に寂しくもありましたが当時は仕事と遊びに夢中だった私にはその関係が心地よく、また好都合でもありました

彼氏の浮気発覚

しかしそんな関係に永遠なんてありません

彼氏は浮気をしていました

しかも相手は旦那も子供もいる家庭を持った人妻と

相手の女が私と同じ、独身であれば当時の私なら許していたと思います

「この人が帰って来るのは私のところ」
「所詮私といない間の穴埋め的な存在でしかない」

そう思っていただろうし、私自身浮気されても仕方がないような生活だったので浮気位は大目に見るつもりはしていました

結婚している訳じゃない

しかもどんなに働いてどんなに収入を得ようとも彼は一切私に金銭を要求する事はなく

言わば私がどんなに働こうとも彼には何の関係もない

それなのに文句の一つも言わず、更には遊ぶ事さえも何も言わない人に対して私が何を言えるでしょうか

浮気されても当たり前だと
浮気されても文句を言う資格はないと
それは今でも思いますしきっと一生思うでしょう

人妻は反則

だけど人妻はダメでしょう

反則です

彼からすれば後腐れなく関係を続ける事が出来る、本当に一時の遊び感覚で
「魔が差しただけ」
「本命ではなくて都合のいい相手だから」
と言うのが本音だったようですが、当時の私にはそれが理解出来ませんでした

証拠集めに奔走する日々

私が浮気を知ったのは普段ロックなんてかけていない彼氏の携帯にロックがかかり、私と一緒にいる時にはマナーモードにするようになっていた事がきっかけでした

「絶対浮気してる」

そう確信した私はよせばいいのに執念で暗証番号四桁のロックを解除

浮気相手の女とのやり取りのメールを自分の携帯へと一括送信した後、メールを自分の携帯に届くようにと自動転送

相手の女の固定電話の番号から住んでいる地域を特定し、メールのやり取りから行動範囲を把握

子供の行っている小学校から普段の行動範囲まで全ての情報を得ました

ただ一つ分からなかったのが相手の自宅

地域は特定出来たものの、戸建てなのかマンションなのかも分からなかったので自宅の特定だけが出来なかったのですが
(多分今なら造作もなく簡単に知り得る事が出来ると思います)

しかし当時は分からなくて良かったと思っています

当時の私には

自宅の前で死んでやろうか
放火でもして一家丸ごと焼き殺してやろうか
そんな事しか脳裏にありませんでしたし、ただその為だけに自宅の特定に躍起になっていたからです

「そんな女殺す価値もない」

人はみんな声を揃えてそう言いますが価値の有無の話ではない

私の気が治まるか治まらないか
ただそれだけしかなかったし、例え治まらなくともほんの一瞬でも相手の女に恐怖心と後悔を与えられればそれでいい

正常な判断なんて出来なくなっていました

別れ

しかし私は私の志半ば(?)で抱え込む事に限界が来てしまい、全て知っている事を彼にぶつけてしまいました

私が知っているとは微塵も思わなかった彼氏

そのまま家を出ていった直後
「全部バレてた」と相手に一通メールを送り
きっとその後は電話で話をしたのでしょう

やり取りはありませんでした

気が狂ったようになっていたとは言え、私は本当に彼の事が好きだったので嫌われたくはない一心と
何をしていても疑心暗鬼になり、気が狂い続けるその環境に私は耐えられない

そう思って別れを告げました

3年の同棲生活

それだけの期間があれば内縁の妻として相手の女に法的措置を取れるのではないか?

とにかく相手の女も私と同じように不幸のどん底に落とさなければ気が済まない

私は全てを無くしたのだからお前も全てを失えと

そう思っていましたが、同棲期間=内縁の妻になる程世の中は甘いものでも簡単なものでもなく
同棲と呼ぶにも程遠いようなおままごとのような生活では私は内縁の妻を騙る資格すらも持てませんでした

私が相手の女に出来た事と言えば精神的に追い詰める事だけ

結局後に聞いた話では相手の女には浮気癖があったらしく、他の男性との不倫関係が旦那にバレて家庭が崩壊した事を数年経った後に知りました

そして結婚

二度と人を好きにはなるまいと思っていた私ですが数年経てば傷も記憶も消えずとも、時間が全てを楽にはしてくれるようで

彼氏と別れて数年の後、一人の男性と結婚する事になりました

全てを兼ね備えた男

元旦那はそれはそれは全てを兼ね備えた素晴らしい男性

‥と言っても良い意味ではありません(笑)

浪費、浮気、暴力、モラハラ、虚言など
この世の全てを兼ね備えた完全無欠のスーパークズでした

結婚していても家賃発生

元旦那はバツイチで前妻との婚姻中に購入した分譲マンション

そこにまたもや私が転がり込むと言う形にはなりましたが引越しが終了したその日

「家賃は毎月5万でいいから」と
生活費は一切入れてはもらえず、私が家賃を支払い
そして元旦那のタバコやビール代、食費や外食費の全ては私が払うと言う形になりました

とは言え私の給料が全て私のものなのか?と言えばそうではなく

給料日には全て旦那に渡し、4万円を生活費として受け取り
そしてその4万円から全てを遣り繰りしなければならないと言う理不尽な生活

金の切れ目が縁の切れ目

勿論そんな理不尽な生活を強いられて黙って言う事を聞く程大人しい訳でもなく、そこに若さをあった私

幾度となく抗議はしましたしお互いの為にもならない罵倒のし合いも数えきれない程にあります

何を言われても「この人は私のお金目当てに結婚した」と言う気持ちは拭える事はなく、信用なんて結婚当時から全くない結婚生活の始まり

暴力と理不尽

結婚生活を始めてすぐに不信感しかなかった私の態度に加えて物理的に無理な4万円生活

私は100均で100円の物一つ買うのにもバレれば5時間もの説教が待っているのに元旦那は豪遊

それはそれでまともな精神状態で過ごせる程、私は人間できていません(笑)

しかし
「目つきが悪い」と言われれば殴られ
「態度が悪い」と言われれば殴られ
「存在自体が気に入らない」と言われれば殴られ

最初は殴り返しもしていたものの、女一人を殴る為にわざわざ玄関まで行き鉄板の入った安全靴に履き替えては階段から蹴り落とすような人だったので次第に防衛本能が働くようになります

「コイツには勝てない」と

モラハラと虚言

結婚してすぐの頃

仕事から帰ると何を言うでもなく壁に頭を打ち付けられた時

「借金取りから電話があった!!」と身に覚えもない事で3時間殴られ続けた事がありました

内容を聞くと

·私が借金している街金から俺に電話があった
·旦那になったんだから嫁の借金は肩代わりするのが当然だからお前が払えと散々脅された

しかし私には借金などなかったし、あったとしても個人情報に煩いこのご時世で今時そんな電話をかけてくる強気な金融会社など存在する訳がない

会社名を聞いても「知らない」
番号を聞いても「もう消した」

身に覚えのない事で延々と詰められ、殴られ
何を言えば正解なのかすらも分からない中で旦那は言いました

「今すぐここから飛び降りて死んで俺に保険金で金払え」

その時私の生命保険は名義を変更すると共に医療保険に最新の特約を付加したので自殺では保険金は今は下りないと言う旨を伝えると諦めましたが

「何の役にも立てない社会の底辺以下のクズ」
私にはそんな称号が与えられました( ꒪∀꒪)

虚言と妄想

虚言癖のある人間と言うのは不思議なもので周りに対して嘘を吐いているうちにその嘘が現実のものだと思い込むようになるのだと言います

要するに自分の吐いた嘘なのか現実なのか区別が付かなくなるらしく、元旦那は完全にそれでした

前妻と別れた原因も前妻の浪費に育児放棄に虐待、更には浮気や不倫の連続で耐えきれなくなったと私にも周りにも話していて事ある事に「前の嫁がこうやったから‥」と言ってはいたものの
前妻をよく知る人から話を聞けばそれらは全て元旦那の話で前妻は何も悪くない事も知りましたし

私は私で結婚してから仕事を辞め、旦那の知らぬ間に借金を200万作り
そして旦那はその借金を一括で返済してあげたのにも関わらず未だに何に使ったのかの理由は教えてもらえていない事になっている‥と

私が殴られている時の話と一致していたので元旦那の目にはそう映っていたのでしょう

借金していたのは旦那の方でその借金を返済したのは私なんですけどね(笑)

消えていく私の私物達

結婚生活をして行く中で消えていったのは私の貯金だけではありません

いや、普通に4万でタバコもビールも食費も外食費も‥なんて無理ですから(笑)

そこに加えて数年後には「お小遣い」も発生していましたし
(当然家賃とは別途です)

4万の生活費の中から5万円のお小遣いを要求

なければ何時間も殴られる

この程度の引き算なんて小学生一年生で出来ますが、元旦那には出来ません

以前付き合っていた時から水商売は続けていた私の私物はブランド品が多くありました

10年近くやっていましたから、それなりにお客さんもいたし誕生日ともなればプレゼントをしてくれるお客さんも付くものです

しかしそんなブランド品の数々は気が付けば全てなくなっていました

私の車も勝手に売られた位ですし
今でも本当に返して欲しいと思うのは父親が他界する前に撮影した最後の写真と父親の形見

それらも「お前には必要ない」と勝手に処分されてしまいました

理由なんて分からないですし、多分理由なんてありません

そんな相手との結婚生活

勿論離婚を考えない日はないですし警察を呼ばれる事も度々です

しかし暴力を受けた翌日は必ず送り迎えがあり病院には確実に行かせないようにする徹底ぶり

私は日記を書く事も写真を撮る事も許されませんでした
(後に裁判での証拠になるため)

休みの日は近所のスーパー以外の外出は禁止

許される時間は30分

それを過ぎれば延々殴られるだけではなく、仕事の日に会社に電話をしてきては二時間も三時間も電話で話すので仕事にもならず

また、他の事務員にもある事ない事を電話で長々と話すと言う嫌がらせをする

そんな迷惑がかかる事を経験すると「とにかく他人に迷惑はかけたくない」

他人に迷惑をかけないようにする事を中心に考えて動くようになりました

しかし今の世の中は便利なもので
例えGPSで監視されていても逆に言えばGPSを操作すれば自由に動く事が出来る

発信履歴や着信履歴を監視されていても、そこを操作すれば自由にする事が出来る

仕事がある事と会社や実家、周りの友達を人質に取られている状態で私が行方を眩ませば確実に私の周りの人間に被害が及ぶ事になる

それだけは何としても避けたかったので荷物をまとめて家を出ると言う選択肢は私には有りませんでした

例え離婚調停を申し立てて接見禁止が出たとしても、元旦那は接見禁止が下りる前に私や私の周りを殺しに来る

思考回路がぶっ飛んでいる人間なので
「そこまでするか?」と言えば「する」んです

「社会の底辺以下のクズに何故この俺が‥!??」となりますから(笑)

その旦那との結婚生活の間、男女共同参画社会と言う施設にも相談に行きましたし弁護士相談もした事があります

警察にも何度も通報されているので定期的に安否確認が入っていましたし、次に通報があった際には暴行の現行犯でその場で逮捕となるまで話は進んでいました
(被害届を出すか出さないかは別にして)

まぁ普通に何もせずに黙って奴隷生活をする人間なんて居ませんからね(笑)

結局はそれらの行動も関係なく、最後は非常にあっさりと離婚が決定して元旦那の意見が変わる前に全てを終わらせましたが
恐らくその時に得た知識や経験は他の人よりは長けているのではないかと思います

運営理念

男女共同参画社会に行った時
「こんな相手でも復縁を求めるケースなんてあるの?」と聞きました

職員さんはハッキリと「あります」と答えました

私には子供はいませんでしたが
·子供の為に離婚はしたくない
·どんな形であれ愛しているから別れたくない

そして旦那の浮気や不倫が原因で別れる場合、しっかり証拠を集めて養育費だけではなく慰謝料も請求する
しかも出来る事ならば取れる最高額を取った方が良い事

浮気や不倫をした旦那と別れるか別れないかは別にしても、浮気相手や旦那に復讐したいと思う気持ち

これらの気持ちは多分私は人一倍分かるかと思います

「誰かに聞いてもらいたい」
「辛い、痛い、苦しい」
そう思う気持ちも

ここはそんなあなたの想いを代わりに代弁する場所です

私は浮気は100%、する側が悪いと思っています

勿論過去の私のように浮気されても仕方がない場合もありますが、過去の私の例のような女性は殆どいないと思います

遠回しな言い方は嫌いなのでクズだと思えばクズだと言います

なので時にはあなたの旦那様に対して少々辛口になってしまう事もあるかと思います

だって私は他の誰でもなく浮気をされたあなたの味方だから

最後に
「少しスッキリした」
「私だけじゃないんだ」
「私は悪くないんだ」

少しでも救われれば幸いですし
辛い中での小さな小さな心のオアシスになれればと思っています

「あなたは一人ぼっちではないし、決してあなたは悪くない」

浮気をされた時の気持ちが分かる私だからこそ、少しでもお役に立ちたい
これがこのブログの、そして私の運営理念です

あなたにピッタリの記事が見つかります

●サレ妻の部屋
シタ夫の心理や婚外恋愛を選ぶクソ女の心理等について
●関係修復の部屋
離婚はせずに再構築を目指す方へ
●離婚の部屋
離婚をする際に有利な証拠の集め方など
●制裁の部屋
ただ離婚したり慰謝料請求するだけじゃ気が済まない!!
かなりグレーな方法とダークな話の集大成
●モラハラの部屋
10年に渡るモラハラ+DV被害者が語るモラハラ相談所

にほんブログ村 恋愛ブログ 浮気・不倫相談へ

瞳

ランキングに参加しています
応援クリック頂けると喜んで更新頻度が上がるかも知れません♡♡