旦那の浮気を疑ってしまう本当の理由や原因とは?対処法もお話しします

前回>>旦那が浮気してるかも!?最初にするべき事と絶対にしてはいけない行動とは?にて
「本当に浮気をしてたと仮定した時、どうするのかをまだ自分の中で決め兼ねているのであれば今はまだ詮索はしない方が良い」と言う話をさせて頂きました

だけど明らかに浮気しているであろう行動を取っているのを目の当たりにしながら知らないフリを通すのは苦行でしかないですから、その場合は自分自身の中で今後どうするのかを決めて自分自身が壊れてしまう前に何かしらのアクションを起こした方が良いと私は思いますが

そうではなく

  • 浮気をしている雰囲気はないんだけど何となく浮気を疑ってしまう
  • 今までとこれと言って変わった事はないけど浮気を疑ってしまう気持ちが止められない

など

ご主人に何か非があると言う訳ではなく、寧ろ夫の浮気を疑ってしまうのは自分自身に理由や原因があると何となくでも思ってしまっている場合

こうなると旦那様に何かを求めるのは難しいですよね

私自身もそうですが浮気された経験から「もしかして浮気してる?」と思ってしまう時もありますし
たまたま自分と一緒にいる時に女性から着信があっただけでも「何の用?」と思ってしまう

これは過去に
「女性と関わってるからと言って浮気してるとは限らないし、寧ろこの年齢でしかも社会に出ていれば少なからず女性と関わる機会は確実あるよね♪」
と気にもしていなかった結果、それが浮気相手だったと言う経験が理由と原因で
自分にそんな事があったと旦那には話していたとしても
「だから女性とは一切の連絡は取らないで欲しい」と伝えても聞き入れてはもらえない事が大半だと思います

だって浮気をした相手とご主人は違う人ですから

ご主人からすれば
「浮気をしたのは過去の男であって俺じゃないだろ?」
「前の男と一緒にされても‥」
「女性と一切関わらずに生きていく事自体が社会に出て仕事をしている以上不可能だよ」
そうなってしまうのは正論ですし当然です

そして特に怪しいと言う訳ではないのに旦那の浮気を疑ってしまうのは先にもお話させて頂いたように原因や理由は旦那様じゃなくてご本人にある事が大半ですから

今回は旦那の浮気を疑ってしまう本当の理由や原因、そして改善策などのお話しをさせて頂きたいと思います

スポンサードリンク

旦那の浮気を疑ってしまう本当の理由とは?

冒頭でもお話しさせて頂きましたが旦那の浮気を疑ってしまう理由や原因が旦那ではなく自分にある場合
それは単なるヤキモチ妬きとかそんな若い女の子にありがちな可愛らしい理由などではなく、多くの場合が

今までの過去の経験によるトラウマから
と言う事が大半だと思います

ただの嫉妬心だけであればある程度は理性でカバーは出来るものなんですよ

「仕事をしている以上女性から着信があるのは当たり前」
「仕事の付き合い上職場の飲み会に女性が同席している事も仕方が無い」
「今まで生きて来て女友達の一人もいない方がおかしい」

当然不安な気持ちや他の女性に嫉妬する気持ちはあれど、それでも我慢は出来る範囲だと思うんですね

浮気をされた経験がなければ純粋に信じる事が出来るから

だけど一度でも浮気をされた経験がある人は自分の経験上100%信じる事って難しいもので
100%信じていたのに裏切られた事による傷や痛みはそう簡単に消えるものではないじゃないですか

過去に浮気をした男性と目の前にいる今の夫は違う人で、過去に信じて裏切られていたからと言って「男の人」と一括りにして同じ人種だと決めつけてしまうのは間違っている

そう頭の中では分かってはいても裏切られた時の痛みを忘れる事は出来ないから信じる事に臆病になってしまうし
仕事と言われて信じていたのに仕事じゃなかった事を知った時の痛みや
「彼女は友人で男と女としては何の関係もない」と言う言葉を信じていたのに嘘を吐かれていた時の辛さや情けなさ

「もうこんな思いはしたくない‥」
そう思って防衛本能が働くのは至極当然の事ですし
ましてやそれが過去の人であるならまだしも、浮気をしたのが現在の旦那様であれば信じる事が出来ないのは当たり前の事です

浮気をした側と言うのは

  • 浮気がバレて散々責められるだけ責められたからこの話は終わり
  • 浮気相手との関係は切れたから終わり
  • もう別れたんだし過去の事

そう簡単に思っています

だけど浮気をされた側からすれば
ただの喧嘩ならいざ知らず、嘘を吐いて人を欺いて裏切っておいて一度責めたからと言って終われるものではないですし
浮気相手と別れれば全てが解決して元通りになる訳ではないし
過去に縛られていると言われようと一度死んだ心が環境が変わるだけで生き返るなんて事はない

車で轢いた側は無傷であっても轢かれた側には後遺症が残るケースなんて少なくなくて
浮気って心の傷だから表面的に見えないだけであって、もしも見る事が出来るなら直視出来ない位にズタボロになっていると思います

例え人が変わっても浮気をされて傷付いた心が
「簡単には信じるな」
「前もこう言われて信じた結果裏切られていただろう?」
「次に信じて裏切られてしまえばもうお前は二度と立ち上がる事は出来なくなるぞ」
そう警告を鳴らすのは自分自身を守る為に必要な事なのだと心が叫んでいるからだと
私は経験からそう思いますし、その傷は10年以上経っても完全に癒えてはいません

旦那の浮気を疑ってしまう原因とは?

だけど信じる事が出来ない事
それはそれで本人にとってはそれもまた苦痛なのだと言う事も私は経験上知っています

夫のスマホのLINEの通知音や着信音に過剰に反応してしまったり
少し旦那が家の中でスマホを持ち歩いただけで浮気を疑ってしまい
飲みに行って連絡が取れない時や帰宅が遅くなった時には夫のスマホを見てしまいたい衝動に駆られてしまう

見ても決していい事なんてない
知ってしまえばきっと元には戻れなくなる
それでもいいから夫を信じて、何もない事を確認して安心したい
浮気なんてしていない事をこの目で確認しないと安心なんて出来ない

本当なら飲みに行って連絡がなくても無事に帰って来てさえくれればいいと言いたいのに
少々帰宅が遅くなっても「おかえりなさい」と疑う事なく笑顔で出迎えてあげたいのに
飲みに行く時位笑顔で送り出してあげたいのに

少しの事で浮気を疑ってしまい
「他に好きな女がいるんじゃないか?」
「今のこの時間も私の事なんて忘れて他の女と楽しい時間を過ごしているんじゃないか?」
「もう私は夫に愛されていないんじゃないか?」
「私はもう不要なのかも知れない‥」
考えたくもない事ばかり考えてしまうのは疲れてしまいますよね

こう考えてしまう事を「考え過ぎ」や「被害妄想が激しい」などと言う人もいますが
私は考え過ぎてしまう原因は心の傷は勿論、自信の無さが最大の原因だと思っています

私自身、先にもお話しましたが過去に浮気をされた同棲していた彼氏に対しては割と放任で
(放任過ぎた事が浮気をされた理由の一つでもあるんですが‥)

浮気をされた経験がなかった若かりし頃の私は連絡がなくても寂しいと言う気持ちはあれど浮気なんて微塵も疑いもしなかったし
「男の人は束縛し過ぎてはいけない」と言う言葉を信じ、束縛する事もせず
浮気を疑うその時まで彼氏の携帯を見る事なんて一度もした事はありませんでした

そして浮気をされても自業自得な生活を私もしていたので
「浮気の一つや二つされていても一緒に住んでいて帰って来るのは私の元
所詮浮気相手の女なんて私のいない間の代わりでしかない」
と思えるだろうとまで思っていたんですね

瞳

結果浮気相手の女は旦那も子供もいる家庭持ちの女で、代わりにされていたのは私の方だと絶望したんですけど


だけど浮気をされるまでは自分の行動は間違っていると言う認識はあるにせよ
それでも“これが私達の生活スタイル”だと信じて疑う事もなく、上手くいってると言う自信だけはあったんですよ

私は例え一緒にいる時間が短くでも彼の事が大好きだったし、仕事中心の生活であっても常に彼の事は頭にあるし忘れた事はない
きっと彼も同じ気持ちなんだろう‥と

だけど浮気をされた時点でそんな自信、打ち砕かれますよね

自分が何よりも信じていたお互いの気持ちはとっくに私の一方通行になっていて
「そんな事はない」といくら言葉にしてくれたところで私は浮気相手の女とのメールのやり取りも会っていた場所も日時も時間も全て知っている

何を言われたって信じる事なんて出来ないじゃないですか

「浮気は浮気で男は浮気をしたって結局は本命の所に帰るもの
遊びの女に適当に言う事位訳ない」
そう他の男性に言われたとて女性である私には理解は出来ないし
もしかしたらその言葉自体も嘘なのかも知れない

何も信じられなくなった時に言われる言葉なんて何も信じる事は出来ないし
残るのは「信じていた目の前の幸せ自体が嘘だった」と言う現実で

信じていたもの全てを最も最低で卑劣な浮気と言う形で全否定されてしまって
その後の自分に対してどうやって自信を持てと言うのか‥

「あんな男こちらから捨ててやる!
だって私はこんなにいい女なんだから!!」
そんな風に気持ちを180度切り替える事が出来るのはドラマや漫画の世界の中だけであって
実際には自尊心なんて木っ端微塵に打ち砕かれてしまい、次の恋愛に対しても臆病になってしまうのが現実だと思いますし
少なくとも私はそうでした

自暴自棄にもなったし自尊心なんて持てもしない
「自信を持って!!」なんて励ましの言葉なんて反吐が出そうでした

あの頃に比べれば時間薬で傷はある程度はマシにはなりましたし、免疫が付いたのか元旦那の浮気に関しては心が痛むどうこうの話ではない次元の話になるのでね
元旦那の浮気も数回目には「あぁ、またか」と言う気持ちと「その女と一緒になって早く私を解放してくれ」程度にしか思いもしなくなっていましたが

瞳

詳しくは>>瞳のサレ妻モラハラ履歴をご覧ください


それでもまた浮気をされる前のように純粋に信じる事が出来るかどうか? と言われれば
幾分マシにはなったとは言え、知る前には戻れないと思います
きっと一生
スポンサードリンク

旦那の浮気を疑ってしまう時の対処法とは?

よく言われる“何か趣味を見付ける”や“親友など、友人の幅を広げる”などの方法
決して間違いではないと思いますし人によってはそれが最高で最適な手段である事も確かだと思います

だけど親友や友達ってそんなに自分に都合よく作れるものではないですし、そもそもすぐに相談できる相手がいるならば既に相談していると思うし
最近知り合った友達と呼べるか分からない距離感の人に急に旦那の浮気疑惑を打ち明けられても‥じゃないですか

女性はスキャンダルが好きなので喜ぶ場合が多々だとは思いますけど、私なら人の話のネタに自分の悩みを提供したくはないですし
内容が内容だけに誰彼構わず相談なんてしたくもないですしね

かと言って何か趣味を‥と言ってもモヤモヤしている現時点で何か打ち込める事ってなくないですか?
何をしてても頭から離れないから悩んでいるのに「一旦夫の事は忘れて没頭出来る趣味を見付けましょう!!」だなんて言われても
私が捻くれているのか荒んでいるのか、そうなると“浮気”しか私の脳裏には浮かびません

ですが「何かに没頭する」と言うのは私は個人的にいい事だと思っていて
この今現在モヤモヤしている状態の時って興味のある事への探求心と吸収率って普段の何倍も高まりはしませんか?

事実あなた自身今読んで下さっているこの記事に迷う事なく一発で辿り着いた‥と言う事はないと思います

夫への浮気疑惑を払拭したくて色々検索したり、疑ってしまう自分自身をどうにかできないかと検索したり
当たり前ですが不安に思う事もなく興味もない時には検索する事なんてない事でしょうし
例え何かの拍子でこう言った記事を目にする事があっても即閉じするか「ふーん」程度で他人事としてですらも受け止める事なく、内容なんて頭に入りもしないし読んだところで3秒で忘れてしまうと思います

だけど現在当事者意識があるからどんな内容であっても片っ端から読むし、どんな些細な言葉であっても今の自分にとって少しでも腑に落ちるものがないかと時間を費やして調べてしまう

私はそれでいいと思います

よく「他の事を考えるように」とか「浮気の事は考えないように」など言われる事もあります

中には知らない方が良かった事まで知ってしまって疑心暗鬼に拍車をかけてしまったり
浮気をされた事もなく気持ちが分からない人がそれらしく書いた記事によって間違った情報に振り回されてしまう事もあると思います

だけど今こうしてあなたがインターネット上で色々な情報を探し回っているのは身も守る為の防衛本能が働いていて
本能的に知識を欲しているからなのだと思います

見付かる見付からないは別にして、本能で分かっているんですよ
“きっと自分の求めている答えがどこかにあるはずだ”と

そうじゃなく考える事を止めてしまった場合は先にもお話したように「自分も浮気してやる!!」と安直な考えに走りますし
私は実際にそう言う女性を何人も見て来ました
「旦那が毎週飲みに行くから私も浮気してやった」とか‥
そして確実に破局しています

人生ってそんなものです

知識だけを得ても自信には繋がらないかも知れないですが、知識を得る事で様々な選択肢は増えると私は思っています
今は必要のない知識であっても今後何かに直面した時に今知り得た知識は必ず役に立ちますし
確実に今、安直に自分も浮気に走ると言って出会い系サイトを開いているよりは遥かに有意義な時間である事は間違いありません

まずは今、あなたがとっている自分自身の行動に自信を持って欲しいと思います
安直に浮気に走ろうとしない聡明さ
今の自分にとって最も適切な知識を得ようとする賢明さ
これらは自信を持って良い事だと私は思います

ただ先にもお話したように、インターネットで検索していると知らなくていい余計な事を知ってしまって疑心暗鬼が増してしまったり
結局のところ何も答えが書かれていなくて不完全燃焼に陥ってしまったり
自分の思いつく検索ワードに限界がきて壁に当たってしまったり
「結局どうすればいいんだろう‥?」と余計な悩みが増えてしまう事も検索あるあるです

インターネットは検索すれば何でも教えてくれる便利な時代になりましたが
逆に言えば検索した事しか知る事が出来ないのもまたインターネット特有ですしね

私自身が一旦気になり出せば自分の思いつく検索ワードで上から下まで読みつくすタイプなのでお気持ちお察しします

経験上、インターネットで得られる情報は結構どこも似たり寄ったりの事しか書いていなかったり
経験談を読んでいてもそこに至るまでのプロセスまでは書かれていないから自分にとって肝心な部分が抜け落ちていたりもするので
インターネットで得られる情報や知識に限界を感じた時には書籍を読むのも良いと思います

例えば>>「彼の浮気ぐせ」を簡単に治す方法なんかは著者が男性で

元々は同棲している彼女がいるにも関わらず合コンやナンパ、出会い系で暇さえあれば女性を漁っては浮気を繰り返す結構なクズ男なんですよ

そして同棲している彼女は私には真似は出来ないんですが、彼の浮気を全部知った上で
「それでも自分の元に帰って来てくれるなら‥」と耐え忍ぶ、まるで女神のような女性なんですよね

なのにそんな彼女が涙ながらに心の内を話し、彼女の気持ちを知ったのにも関わらず浮気を止められずに繰り返す典型的なクズなんです

そんな男性が

  • 何故自分は浮気をしてしまうのか
  • 浮気をしない男性と自分との違いは何なのか
  • どうすれば他の女性に興味がなくなるのか
  • 浮気をしない為にはどうすれば‥?

これらを実際に浮気を繰り返していた男性自身が模索し、現在浮気に悩む女性の為に男性に浮気をさせない方法としてまとめた書籍です

男性目線での話が面白いですし、男性が浮気をする心理なども赤裸々に書かれているのと
書かれている内容を実際に実践すると彼は他の女性に興味を無くし、自分自身の元に戻ってくるようになると言った一種の恋愛マニュアルです

>>【改訂版】夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる「夫の浮気・解決法」
こちらの著者は女性の方でもしかするとご存知の方もいらっしゃるかもな『50年後も愛され妻でいられる方法』の著者、金田秀子先生が夫に浮気されている妻のために書いた書籍です

この方は実際に自分が夫に浮気をされ、離婚して欲しいとまで言い渡されているんですよ
だけど離婚はしたくなくて離婚を回避する為に様々な書籍を読み漁り、セミナーなどにも足を運び
それこそ様々な知識を得た上で実践して見事浮気相手の女性から旦那様を取り返したと言う経歴の持ち主で
こちらもその時に読み漁り、セミナーなどに出向き得た知識の全てを総じて夫の浮気を止めさせ自分だけを愛する方法をまとめている一冊になります

どちらも書籍としては高額ではありますが一般の書籍だとこう言った夫の浮気関連の本自体が少ないですし
例えあったとしても「なんだかなぁ‥」と、それこそ不完全燃焼で終わる本が大半なんですよね
完全に個人の意見ではありますけれども

これらは「インターネットで得られる情報に限界を感じた時、こんな書籍もあるんですよ」と言う
これもまた一つの知識として、選択肢の一つとして得ておいて頂ければと思います

さいごに

自信をつける方法は様々ではありますが、私は今になって本当に思います

男性にモテる事=自信に繋がるなどではなく
根拠がある=自信に繋がる
なんだと

その場凌ぎの一時の感情で浮気に走り、その時の寂しさは埋められたとしても
そんなもの何の自信にも繋がりはしないんですよ

どんなに男性にモテたって本当に好きな人に好かれないのならば何のいのなら何の意味もないじゃないですか

そんな事よりは今のあなたのように本当に好きなたった一人の為に情報を得て知識を増やし
そしてたった一人の為に努力をしようとする事

それこそが後に必ず自信に繋がっていくのだと私は思います

頑張って下さいね♪
ではでは

あなたにピッタリの記事が見つかります

●サレ妻の部屋
シタ夫の心理や婚外恋愛を選ぶクソ女の心理等について
●関係修復の部屋
離婚はせずに再構築を目指す方へ
●離婚の部屋
離婚をする際に有利な証拠の集め方など
●制裁の部屋
ただ離婚したり慰謝料請求するだけじゃ気が済まない!!
かなりグレーな方法とダークな話の集大成
●モラハラの部屋
10年に渡るモラハラ+DV被害者が語るモラハラ相談所

にほんブログ村 恋愛ブログ 浮気・不倫相談へ

瞳

ランキングに参加しています
応援クリック頂けると喜んで更新頻度が上がるかも知れません♡♡